京都の春の京料理は竹の子(筍)料理です

京都竹の子(筍)料理

京都の春の京料理といえばやはり竹の子(筍)が主役です。 脇役には春の野菜、桃山菜種やタラの芽、蕗の塔、春独活など長い冬を越え 3月になりますと一気に春の味覚が出だします。

その春の味覚を京料理のコースに巧みに組み入れた三栄の春のお料理は3月1日からはじめます。

冬のお料理、すっぽん鍋やかぶら蒸しも3月10日ごろまではお出しします。

詳しくは三栄オフィシャルHPをご覧ください

竹の子(筍)料理コース

〜 絶品!竹の子(たけのこ)とは〜

文献では平安古来から食されているたけのこ(筍)は 日本古来の真竹(まだけ)という種でした。しかし現在京都で竹の子として食しているものは 孟宗竹(もうそうちく)と云い、中国江南地方の原産で日本には1700年代に入ってきたとされて おり、比較的新しい食材です。

孟宗竹の名の由来はその昔、孟宗という若者が筍の 時期にはまだ早い冬の最中に病気の母親のために雪を かきわけかきわけ筍を捜し求めたという美談から、 その見つけた筍の竹を「孟宗竹」と呼ぶようになった という説があります。

孟宗竹は親孝行だけでなく、料理店孝行でもあります。 新しければ刺身で、また焚合せ、天麩羅なんにでも 調理できる重宝な食材なのです。 そしてなんといっても春の香「木の芽」とよく合うのです。 たけのこに木の芽は出会いの味。是非ご賞味ください。

京都竹の子(筍)料理【三栄】たけのこ

京都竹の子(筍)料理 当店春の一番人気「竹の子(筍)饅頭のあんかけ
すりおろした竹の子(筍)に道明寺粉を混ぜ、蒸したものをさらに揚げて餡かけした絶品の味!

竹の子づくし 7350円


京都竹の子(筍)料理 ランチではお得に竹の子饅頭のあんかけを召し上がっていただけます。

竹の子饅頭御膳 3150円