京都のゴールデンウィーク和食グルメイベント情報

京都ゴールデンウィークイベント情報和食グルメの鱧 京都のゴールデンウィーク期間は

鱧料理と筍料理が

コラボする唯一の季節です!

京都ゴールデンウィークイベント情報和食グルメの筍昭和九年創業の三栄では筍づくしコースは
7350円、鱧料理コースは6825円から
召し上がっていただけます♪

-----------------------------------------

ゴールデンウィークの京都の主なイベント情報

-----------------------------------------

4月27日(土)

野村美術館「開館30周年記念名品展T」

28日(日)

西陣 町家の大将さん
金剛定期能・京都観世会例会

29日(月)

城南宮・曲水の宴
春の六齋念仏踊り

30日(火)

京都国立博物館「特別展観会 狩野山楽・山雪」

5月1日(水)

鴨川納涼床など・床開き
鴨川をどり
藤森神社・藤森祭
上賀茂神社・競馬会足汰式(くらべうまえあしそろえしき)
千本えんま堂・大念仏狂言
神泉苑(しんせんえん)・大念仏狂言
松尾大社・山吹まつり
春の古書大即売会

2日(木)

京都国立博物館「特別展観会 狩野山楽・山雪」

3日(金)

大原野神社・献茶祭
狸谷山不動院・狸谷山大般若祈願会
二条城清流園・市民煎茶の会
伏見稲荷・還幸祭
下鴨神社・流鏑馬神事(やぶさめしんじ)

4日(土)

鷺森神社・鷺森神社宵宮
斎王代女人列御禊神事
新熊野神社・新熊野祭
八大神社・例祭・神幸祭

5(日)

下鴨神社・歩射神事(ぶしゃしんじ)
上賀茂神社・競馬会神事(くらべうましんじ)
赤山禅院・泰山府君祭大護摩供
地主神社・地主祭
今宮神社・今宮祭 神幸祭
宝福寺・御本尊御開帳

6(月)

つつじ・しゃくなげ園 開園

-----------------------------------------------

京都ゴールデンウィークイベント情報和食グルメの竹の子づくしコース 京都の初夏の素材といえば

「鱧」

左図は〆たばかりの鱧をざるに乗せた様子です。

大きな穴子のように見えますがこのサイズのもので約体長70センチと穴子とは 比べ物にならぬ大型種です。獰猛な魚なのですが身は淡白であっさりとそれでいて脂分もあり「うまみ」が 凝縮された素材です。

京都ではゴールデンウィーク頃に初物を仕入れる料理店が多いです。

京都筍(たけのこ)料理 当店春の一番人気「筍(たけのこ)饅頭のあんかけ
すりおろした筍に道明寺粉を混ぜ、蒸したものをさらに揚げて餡かけした絶品の味!もちろん筍(たけのこ)御飯がわりの蒸し寿司が付いています。また筍は5月10日頃までということでゴールデンウィークが最後のチャンス!

竹の子づくしコース 7350円

京都鱧料理安いコース 鱧旬菜御膳【6825円】

鱧料理といえば高級なイメージですが、実際に・・・高いです。 特に京都に集まる鱧は一級品!瀬戸内産、淡路島産、韓国産と単価の高い鱧ばかりが京都に集まります。 その代わり「これが本物の鱧」という素材なのは間違いありません。
当店では前日に鱧の仕入れ本数を予約することにより、仲買人がせりで本数を落としやすいように 指示いたします。そのためにある程度仕入れ単価を抑えることが可能になり6825円という 安い価格で鱧料理コースを設定することが可能となっています。

ですのでお客様にできるだけ前日までにご予約いただけるようお願いしております。 当日のお客様の分も一応予備を仕入れてはいますが、無駄を出してしまうと安い価格設定を維持できなくなりますので 無尽蔵に予備があるわけではございません。ですのであつかましいようですが、ご予約をと思っております。

当店の京都の初夏の味覚、鱧料理や筍料理の詳細情報は下記のオフィシャルページをご覧ください。

↓↓↓↓↓↓

京都鱧料理店【三栄】オフィシャルHP

鱧はピンからキリまであります!

先にも申しましたが鱧は鱧でもピンからキリまであるのです。

まずよい鱧の特徴ですが、顔が小さく目が大きい鱧がよいとされています。 鱧の顔・・・よく見ますと、いやあまりよく見なくても違いは一目瞭然です。わかりやすくいいますと 穴子系の顔をしたやさしい感じの顔とウツボ系の獰猛な感じの顔とどちらでもない中間な顔と 3種類あります。

私の経験上ですが、一番よい身を持っているのは穴子系です。ウツボ系は 身が荒いのです。そしてそれらは取れる魚場により明らかに区分けされているようです。穴子系の 顔の鱧は、淡路島産と韓国産、値段でいってもナンバー1、ナンバー2です。韓国産?と思われるかも しれませんが、今や淡路島産以外の鱧の中では韓国産は一級品ですし、実際に皮が柔らかく、脂が のっています。

続いて瀬戸内産、徳島の魚場から送られてきますがここのは穴子系と 中間系が混ざっています。ですので当店では徳島産の鱧を基本的に仕入れ、穴子系の顔のものを 取り分けて仕入れるようにしています。そのほうが値段が抑えられ、よい商品を仕入れられるのです。

後は九州産の鱧と中国の養殖鱧です。九州産はまさにウツボ系ばかりで 皮が硬いのが特徴です。中国産は養殖のせいか、身が水っぽくて、京都の料理屋が買うような 代物ではありません。居酒屋さんや揚げ串屋さんなどがとにかく安いので中国産を買われるようです。

このように鱧にもいくつも段階があり、京都に集まる鱧は高級品ばかりであるというのが昨今の事情です。

京都の鱧料理を安い価格でコースに設定しお手軽に

京都・鱧料理・安い値段 当店鱧コース一番人気「鱧旬菜御膳」

6825円

○前菜○鱧落とし○骨せんべい
○鱧照焼きと胡瓜の酢の物
○京野菜焚合せ○鱧の天麩羅
○鱧しゃぶ小鍋○鱧小袖寿司と小巻○デザート


京都鱧料理・安い価格設定 鱧づくしコース

11500円

○汲上げ湯葉梅酢○骨せんべい
○鱧落とし○鱧照焼きと胡瓜の酢の物
○鱧の子の卵〆と野菜焚合せ○鱧焼き霜
○鱧みじん粉揚げ○鱧しゃぶ大鍋
○鱧小袖寿司と小巻○デザート